髙島利光 短歌作品集

[2019年3月]

春告げる川面の柳揺れる朝
   衿もとを立て学生急ぐ    光峰

[2019年4月]

幾とせを顧み祝う誕生日
   大空高く鯉のぼり飛ぶ     光峰

明治より生き抜いてきた桜木よ
   わが家の安寧見守ってくれ    光峰

10連休大盤振る舞い日々終えて
    質素倹約暮らしに戻り     光峰

[2019年5月]

静かなる鳴瀬のほとり夕の暮れ     
   家の明かりや川面に浮かぶ    光峰

紫陽花の鮮やかな花見入る朝
   今日の予報を気にとめながら   光峰

夕暮れの低空飛行目の前を
   あしたは雨かつばめ予報士    光峰

[2019年6月]

震災を知るか知らぬか山帽子
   節の便りを届けて来れし     光峰

静かなる待合室やお昼時
   優しく響く看護師の声     光峰

帰る時「また来るね」って手を握る
   親子の絆深く幸あれ       光峰

[2019年7月]

敗戦に永遠(とわ)の平和を誓うとき
   天まで届け民の願いよ      光峰

介護職平和が故にある仕事
   お風呂の介助幸せの証し     光峰

巡り 来る母と逢え るや 盂蘭盆会
   何処の道を旅すことやら     光峰


[2019年8月]

「これからは年金だけじゃ暮らせない」     
    短冊にみる老後の現実     光峰

盆も過ぎ施設行事のバーベキュー
   皆んな食欲いつもより増し     光峰

鳴けよ鳴け夏の終わりのお昼時
   命を繋げミンミン蝉よ       光峰

[2019年9月]

気まま旅見知らぬ土地を訪ね居り   
   もてなしさり気爽やかな秋   光峰

人生の喜怒哀楽生抜いて   
   敬老会に童顔笑増し   光峰

潟沼のさざ波寄せる音静か
   硫黄のにおい秋は深まり   光峰

[2019年10月]

巡り来る秋のひととき夕の暮れ
    色づく柿を窓越しにみる   光峰

裏山の匂ひ漂う栗の花
   ひと夏過ぎて今実りたり   光峰

自然には勝てぬ水増しまた来たり
   泥にまみれる日暮れの早し   光峰

[2019年11月]

友の顔一面トップ朝刊に   
    道一筋の黄綬褒章    光峰

憂いなし安全第一備えたる   
   早めに終えるタイヤ交換   光峰

震災で家は流され妻見つからず
   息子 と暮ら すと互市の客    光峰

[2019年12月]

軒先のころ柿の実黒ずんで
   肌の疲れや鏡の向う    光峰    

待ちわびる聖夜の企画ページェント
   ケヤキの並木は人人人    光峰    

日めくりや時を刻みつ薄くなり
   無上の定め万物の流転    光峰 

[2020年1月]

嘘つかぬ体重計に表れる
   数字のなかに正月の影    光峰

穏やかに六十路の坂を踏みしめる
   念(おも)いの馳せる朝は正月      光峰

穏やかな年の初めの往診日
   「元気ですね」とDrの声     光峰

[2020年2月]

節分や夫婦合わせて百三十
   年を数えて豆食べきれぬ    光峰

底冷えの吐く息白く吉田川
   静寂なりき悪夢は何処    光峰

ウエディングベルの鳴る丘ワイキキの
   爽やかな風海の青さよ    光峰

[2020年3月]

平穏な感謝の日々に手を合わす
   節句の朝は眩しく蒼い    光峰

上座敷春の先取り雛人形
   揚げ饅頭に櫻ういろう    光峰

待ちごころホワイトデーの朝が来た
   孫からの声夜は更けゆく    光峰

[2020年4月]

幾たびの苦難乗り越え祝い日は
   紀壽の証しや満面の笑み   光峰

一年ぶりの旬のご褒美たらの芽は
   うぐいすの鳴く吉田の川に   光峰

わが家にも契りの如く櫻花
   コロナの自粛忘するひと時   光峰

[2020年5月]

幾年を重ねていても嬉しけり
   変わらぬ調べ飛ぶ鯉のぼり   光峰

鳴子ダム雪解け水の蒼くして
   早苗の遺産大崎耕土    光峰

長(なが)の年民の安寧願う日々
    誉や高き章(しるし)輝く   光峰

[2020年6月]

ありがとう母の恩師や百歳(ももとせ)を
   迎えし今日は笑顔の彰(あきら)   光峰

ほろ苦き青春などあり暑い夜は
   ビールひと口染みる想い出   光峰

利用者の笑顔と拍手全てなり
   施設慰問はコロナで途絶え   光峰

[2020年7月]

運気ある今日の暮らしと願をかけ 
   靴ひも結ぶ玄関の朝      光峰
 
気高くて高嶺の花やコマクサに
   暫し見惚れるコロナも忘れ    光峰

子(ね)の年の三人目となる百(もも)壽の日
     嬉し楽しの祝いの宴      光峰

[2020年8月]

明け方の冷ややかな風流れ来る
   今日の始まりひぐらしの声    光峰

戦争の傷癒えぬまま敗戦日
   静かに暮れるドームの鐘は    光峰
 
穏やかに暮らせる日々の有難し
   浄(きよ)らな風にお盆を迎え    光峰

[2020年9月]

【挽歌】
病との闘い竭(つ)くやわが主
   無常の運命(さだめ)天界に立つ    光峰


車窓から広がる平野大崎の
   稲穂は揺れる黄金色して    光峰

朝まだき秋雨の音目覚むるや
   深々被る薄手の毛布    光峰


[2020年10月]

づくりの心のこもる辛子味噌
   お替り進む新米の飯    光峰

稲刈りや秋たけなわのこの季節
   台風逸れよ神仏頼み    光峰

朝まだき秋雨の音目覚むるや
   深々被る薄手の毛布    光峰

 

[2020年11月]

秋の暮れ孫生まれしの一報に
   悠(はるか)な道の幸を祈りぬ    光峰

久々にトライクで行く紅葉狩り
   染まりゆくかなわれら夫婦も    光峰

螽斯(きりぎりす)秋も深まり夜の更けて
   声は弱まり遠ざかるなり    光峰

木枯しの風吹き抜ける舟形の
   鍋を囲みつ冠雪仰ぐ    光峰

 

[2020年12月]

日めくりの暦も薄くなりにける
   行く年過ごす静寂な雪    光峰

街角の耳元流る聖歌隊
   人影まばらイブは過ぎゆく    光峰

クリスマス若いつもりのジルバ曲
   息の途切れて筋肉疲労    光峰

 

[2021年1月]

明暗を忘却の日とする大晦日
   あしたの夢を託すあら玉    光峰

天窓の下弦の月や朝まだき
   平穏無事の一年祈る    光峰

あかあかと燃ゆる炎に手を合す
   皆の思いは疫病退散    光峰